FC2ブログ
<この世界で前進する1つの生涯のお話>
この世界は続きます。私の役目もまだ沢山残っているみたいです。
今は、フリーターをやっていて、何気なく日々を過ごしている、
どこにでもいる、ごくありふれた人間のようで人間でない、
自分ともう1人の自分が送る心の世界。

ようこそ!「自分に問いかけてみたら」

わたしの心の世界へ


わたし(Me)ともう一人の自分(Me2)がお送りする問いかけによる

心模様を書き連ねるブログです。


ブログランキング参加しています。

もしも内容に共感して頂けたら押していただけるとありがたいです↓

人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング 

わたしともう一人の自分が送る心の世界ですが、

お時間があればゆっくりしていって下さい。



2013年1月のAsasaneの絵!
 

小説「ぬし」20130107_2



(どうしたらいいんだこの状況)
俺はまったく分からない
「あの、アシカさん」
ラウルが口を開いた
「なんでしょう」
(おお、助け舟か!)
俺はちょっと期待した
「私はちょっと見てきたいものがありますのでこれで失礼します」
(えーーー!!?ちょ、ちょっと待て)
「オルカさんもまた」
そういうとラウルは背を向けた
「さっき約束したじゃないか!」
何かが俺の奥底から出てきた
「ん?」
ラウルは振り返った
「え、えと、家でご飯を食べていくってさ」
俺は苦し紛れに言った
「オルカ、約束したの?」
アシカが俺の顔をのぞいている
「あ、ああ」
俺は完全に動揺している
「約束したなら守るしかないね」
アシカはニコニコしている
「ラウルさん行きましょう、あたしたちの家へ」
ラウルはちらっとこっちを見た
俺はここで嫌とか言うなよと願った
「わかりました」
俺は少し安堵した
「しかし先ほども言ったように見てきたいものがあります」
(おーい、おまえ、わかっているのか!)
俺はラウルに心の中で叫んだ
「では、一緒に見に行きましょう」
「は?」
(どうなった?)
俺は少しボーっとなった
「ほら、オルカ行くわよ」
と聞こえた
二人は歩き始めている
(行くしかないな)
俺は腹をくくった
二人について歩き出したが
なんだか不安になってきた
見たことのないところだし
この先どうなるのだろうという思いがしてきた
すれ違う人たちはもちろん見たことのない人ばかりだ
(あれ?)
何やっているんだあそこで
二人で何かを叩いている
「ヤドリチヌスを追い出そうとしているのですね」
ラウルが言った
二人が立ち止まって俺と同じところを見ている
「とり憑かれたら三日は離れないです」
アシカが深刻そうな顔で見ている
「そうですか」
そう言うとラウルは叩いている二人のほうへ歩き出した
俺も行こうとした
「馬鹿!オルカ行っちゃダメ!」
「え?だってラウルが・・・」
「あんた封印紙持っていないでしょ?」
「封印紙?」
「あの人は持っているわ」
俺はラウルを見た
至って普通に近づいているように見える
すると突然ラウルの周りが光り出した
(なんだ!?)

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

人気ブログランキング   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ   精神世界ランキング  

この記事へのコメント

コメントを投稿する

非公開コメント

プロフィール

かだっち

Author:かだっち


一言:今日も自分に問いかけてみます


Asasaneデザイン工房
Asasaneデザイン工房

自分に問いかけてみたらNOVEL
自分に問いかけてみたらNOVEL
↑物語の草稿書いています。まだ下書きですので…

Picture of Asasane
Picture of Asasane
↑那カ晁真(なかあささね)の絵!

自分に問いかけてみたらNEO
自分に問いかけてみたらNEO
↑NEOバージョン

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
お気に入りブログ&リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
588位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する